現代の小学校受験について

ゆとり教育によって子供の学力も体力も低下しているという話があります。月日が経つごとに、ゆとり世代を過ごした両親が子供を持ち、まさに子供の教育をどうしたらいいか悩んでいる家庭もでてきました。ゆとり教育で苦労をした自分たちと同じようにならないために、と自分たちの子供には苦労をさせたくない、という親心なのでしょう。小学校受験に対する注目が年々あがっているのも、将来子供が苦労しないために小さいうちから最高の教育を受けさせたい、と思うわけですね。少子化が問題となっていることが影響しているようで、数字的に見れば受験に受ける数字は極端に急上昇しているわけではなく、受験を考えたいという親は今も昔も変わりなく平均的にいるということです。首都圏の数字をみても、ここ数年は大きな変動がありません。

準備期間はどのぐらい必要なのか

受験までどのように過ごしたらいいのか、非常に気になるところです。必要以上に子供に負担をかけたくないのも本音ですね。実際に受験を経験した家庭の体験談を聞くと、平均的に一年前の秋ごろから少しずつ準備を始めるといいます。試験当日までおよそ一年間を準備期間として設けているのです。高校受験や大学受験と違い、まだまだ小さい子供が試験を受けるわけですから、当の本人はおそらくそれが人生を大きく左右するとか、大事な試験ということはまだ理解できないかもしれません。だからといって両親が必要以上にプレッシャーをかけることは子供にとって大きなストレスになるので絶対にやめましょう。親がどのように接していくか、これも受験を大きく左右するのです。

小学校受験の内容を知りたい

小学校受験を経験したことがある方なら分かるかもしれませんが、そうではない場合は未知の世界です。そのため、事前にそんな試験が行われるのか内容が気になるところではないでしょうか。まずひとつめがプリント問題です。筆記試験になりますが、たとえば、簡単なイラストがいくつか用意されていて、その中から仲間はずれを探したり、生き物や植物の名前がわかるかなど。学校によってはこのペーパーテストがないところもあります。ペーパーテスト以外には子供の行動観察があったり、運動能力がどの程度なのかチェックしたり、あとは担当の先生がカードを見せて、そこに何が書いてあるのか答える口頭問題もあります。記憶力を確かめるための絵の記憶や話の記憶というテストもあります。

伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 年中児・年長児・1才児・1才児など、年齢に合わせて最適な教育が用意されています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 小学校受験の指導は伸芽会におまかせを