小学校受験に向けて子供が生まれたら将来に備えよう

子供が生まれてから大学を卒業するまで、トータルいくらお金がかかるのか、結婚してからすぐに計画を立てるというしっかり夫婦が増えてきました。何をするにもお金がかかる時代ですから、万が一に備えておくことは大切なことです。急にお金が必要になったけどお金が準備できなくて子供に我慢をさせなければいけないという状況は不憫ですから。まずは学資保険です。小学校受験など教育には予想以上にお金がかかりますから、中にはおなかに赤ちゃんがいるときから加入できる学資保険もあります。毎月決められた保険料を支払えば、お金が必要になったときに給付金を受け取ることができます。まとまったお金を用意することができるのです。

学資保険のメリットを確認

目下の目標は小学校受験と考えている場合、やっぱり加入を前向きに検討してもらいたい学資保険。実際に加入する前に、そのメリットとデメリットについて知っておきましょう。まずはメリットについて。予め保険会社が定めた保険料を毎月しっかり支払うことで、利息がついた給付金が受け取り可能となります。加入対象年齢はおなかの中に赤ちゃんがいるとき、0歳児から15歳までが一般的です。加入するときは教育にお金がかかるなんて実感がないかもしれませんが、とにかくお金がかかります。まとまった大きなお金が必要になったとき「貯金がない!お金が足りない!」なんて慌てることがないのです。学資保険のメリットは、コツコツ払い続けることでいざというとき子供のためにお金を用意できることなんです。

学資保険で気をつけるべきこととは

小学校受験のためにも早速加入しなければ!と急ぐ前に、学資保険に関する注意事項を確認しておきましょう。加入するときに一番確認してもらいたいことは、まとまったお金が必要になる時期に給付してもらえるのかどうか、ということです。まとまったお金というのは例えば受験とか学校へ入学するときですね。そのタイミングで給付されるかどうか、それぞれ小学校、中学校、高校、大学とあるなかで自分の子供はどのタイミングでお金が必要になるのか、その将来設計を立てて、理想にあう保険を選ぶことが大切です。中には親の保険などが付帯されているタイプもありますが、お父さんお母さんが入院保険や死亡保険に加入しているのであれば、学資保険に付帯させる必要はないでしょう。あくまでも子供が進学するときに給付されるかどうかをしっかり確認しておいてくださいね。