小学校受験用の問題集は用意したほうがいいのか

小学校受験だけでなく、中学も高校も大学も、これからどんな試験が出されるか公開するところはありません。そのため、これまでどんな問題が出てきたのか、いわゆる過去問集などを参考にすることが推奨されています。あくまでも確率の問題なので、必ず過去問集から出るというわけではありませんが、何も用意しないよりは、問題集は用意してあげたほうが子供のためではないでしょうか。もしも幼児教室に通っているのでれば、その教室で売っている問題集を購入してもいいかもしれませんね。幼児教室はある意味で受験のプロですから、不安に思うことなどは気軽に相談してみるのもオススメです。

面接に対する心構え

小学校受験の面接、実は子供よりも親のほうが緊張するという話を良く聞きます。子供のためになんとか合格させたい!と意気込む気持ちを抑えるのは大変かもしれませんね。受験の面接ではいろんなスタイルがあり、保護者と子供が一緒に面接を受ける、保護者と子供が別々に面接を受ける、保護者が面接を受ける、子供が面接を受ける、など学校によってさまざまです。これらの情報はすでに学校に通っている先輩方から体験談を聞いたり、学校で公開している情報を確認しておくといいでしょう。親に対してどんなことを聞いてくるのか、その内容は親自身に対するもの、自分の子供や通わせたい学校に対すること、この二つが主になります。なぜその学校に通わせたいと思ったのか、子供に対して日ごろどのように接しているのか、ありのままを素直に話すことが大切です。受かりたいという一心で嘘をついたとしても、すぐに見抜かれてしまいますから、普段の生活をそのままにお話しましょう。

入学前にかかるお金のこと

小学校受験においてお金がかかることはみなさんご存知のとおりです。入学前にお金がかかるのは、例えば受験に備えて幼児教育を受けさせるなど、受験対策として子供に習い事をさせるためです。必ず習い事をさせなければいけないというわけではないですが、受験当日、子供が試験に対してハードルが高く感じないようにするためには、結果的に幼児教育を受けさせたほうがいいと答える経験者は少なくありません。幼児教育といってもさまざまですから、一番は子供の好奇心に着目してあげましょう。苦手なものを無理にやらせるよりも、得意分野を伸ばしてあげるのも子供の能力を伸ばすきっかけになります。授業料のほかにもテキスト代や模擬試験費用などもかかります。